スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年10月05日Thu [17:34] 日々の話題  

美しい日本

私達、団塊世代の次世代から見た団塊世代は、悪く言えば『行商人』気質になります。いつも目先の商売が最優先で、辺り構わずペコペコ頭を下げて回ります。しかし根っこは芯が強いタイプ。少し言い方を変えれば、凝り固まった信念の人です。お得意様になると思えば腰も低いが、得にもならない家族には威張り散らす。当然、仲間内で集まれば大声で我を張る場合も多い。これは家族が知らないオヤジ達の、でも職場の人間には妙に納得する話です。

私達、団塊世代の次世代は、町工場の社長タイプかな。上(団塊世代)と下(『大企業の経営者』または『貧乏人のボンボン』)に挟まって、何時も苦労しています。普通でも大変な世代なのに、日本の敗戦は劇的な価値観の変動を齎し、最も困難な事態に直面している世代なのです。

注)赫赫コレコレ、個別事例は無視。

『花嫁は厄年』←(普段はドラマなど観ませんが、久しぶりに観たドラマです)の、厄年とは誰もが人生で通り抜けなければならない試練の時です。厄年が男と女で年齢が違うのも、本来が生活上の役割で責任が生じる年齢が違うからです。男の本厄である42歳前後は、男が社会で一定の役割が与えられる時期に当たります。子供の成人に、親の死。下級管理職から上級管理職へ、地域社会の役割も回ってきます。この厄年とは、本来は老人と若者を繋ぐ橋渡しなのです。

この町工場の社長タイプが、師兄世代の価値観を伝える役目を放棄しかけています。師兄世代の苦労も目の当たりにしてきたし、そのエネルギッシュな生き方にも共感してきた。にも関わらす。

バカな中国の官僚が「靖国参拝するなとゲンメイしました」と発言した、その一言で。師兄達よ、貴方達の生き方が正しかったと、今でも堂々と言えますか。一国の代表が他国の官僚に命令されるような、そんな情けない日本が望みだったのですか。

ここから小泉政権の長期化が始まり、中韓は迷走を始めます。ネット世代には当然、普段から当たり前のようにパソコンを駆使する私達もいます。日本は逆ピラミッド型の人口構成ですから、当然私達の世代も数が多いのです。どんなに既存マスコミが誘導しようとしても、ブレず小泉政権を支えてきた。

この町工場の社長タイプには、もう1つの面があります。つまり何時も異なる2世代から圧を加えられているので、圧力慣れしている。場慣れしている。行商人世代や大企業の経営者(貧乏人のボンボン)世代が幾ら自分達に有利な言質を取ろうとしても、まるで無理なのです。公と私は簡単に使い分けられ、私の右翼ぶりを暴露してやろうとしても無駄なのです。それでも公の場での質問には答えますが、予め党内向け文章で凝り固まった様な中韓の話には知らん振りするかも分かりません。その場での言明は避けて、悪びれずに「次の機会までに勉強してきます」と流す事も出来たりします。

ずるいと思われるかも知れませんが、私達としては両方とも大事なのです。尊敬する団塊世代に、頼もしくもある壮年世代共、出来うるなら双方に波風立てず橋渡ししたいのです。そう考えてしまうほど、日本の世代間に横たわる価値観の格差は酷い。これ等問題が批判や非難だけで解決する位なら、当に解決してた筈です。右を見ても、左を見ても、それぞれが自分勝手な理屈を並べ立てては、主張ばかりです。日本には色んな意見が有る事を私は否定はしませんが、それでも時に一致団結して何事も解決してきた日本なのです。そして現代日本を取り巻く国内外のカオスも酷く、これらの問題を解決する為に、今こそ広く国民の総意が求められている。そう、私は考えるのです。

だからどうか、御協力をいただきたい。私にとって、あの昭和30年代の懐かしい人間関係こそ、私が求める『美しい日本』なのです。

*************************

こんなトコロかな?。←本は読んでいないけど^^;



スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年09月26日Tue [16:07] 日々の話題  

ロープ離さず指4本切断

先週は久しぶりに知恵熱が出るほど働いてた私ですが、今日はオフ。朝からいろんなニュースに目を通していましたが、本日1番衝撃的だったニュースがこれ。

だって私、職場の安全管理も兼ねているんですから。

エレベーターから犬飛び出す、ロープ離さず指4本切断
(2006年9月26日13時51分 読売新聞)

26日午前8時50分ごろ、東京都品川区東五反田5の第2野村ビル(地上10階建て)のエレベーター内で、ビルに住む女性(95)の指が切断されたと119番通報があった。

警視庁大崎署の調べによると、この女性が、飼い犬を連れてエレベーターに乗っていたところ、8階で飼い犬が外に飛び出した。エレベーターの扉が閉じ、飼い犬をつないでいた麻製のロープをはさんだまま、エレベーターが上昇。女性はロープを握ったまま離さず、左手の親指を除く指4本が切断された。


高齢なのでリハビリも出来ないでしょうが、麻製のロープによる切断なら縫合できるでしょう。誰だって咄嗟の時に最高の対処をするなんて無理ですから、ロープを離せなかったのも無理はありません。指の切断は痛かったでしょうが、命に別状が無くてよかったですね、おばあさん。

問題は、、、問題は。。。

犬はどうなった?。。。(怖)

麻製ロープが挟まった程度で停止するようなエレベーターなら、誤動作ばかりで余計な手間が出るだけなのだが。それでこれだから、いかに安全管理の難しい事か。。。どうすりゃ良いのよ。監視カメラと連動させたコンピューター制御で、箱内の安全確保か。他社の一部で開発中ではあるけど、お値段は跳ね上がります。まだまだ先端、普及には時間がかかる代物なんですよね。そして誰もが考えそうな、非常停止ボタン設置は別の問題が出てくる、と。。。む、む、難しい。。

妥当な線はエリアセンサー1式と配線工事、制御プログラムと諸々の変更くらいか。改造は、ざっと数百万円と。。



Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年08月24日Thu [10:55] 日々の話題  

恒例? 貧乏人は

昔から暑いと言われる大阪ですが、近年は36~37度なんて異常な夏の最高気温が続いています。やはり日本は亜熱帯化しているのでしょうか、あの寒かった今年の冬が懐かしく思われる今日この頃です。暦の上では秋になっているのですから、早く涼しくなって欲しいものですね。

さて、昨年の夏にはパソコンの電源が故障した私ですが、今年はマザーボードが故障してしまいました。家中で一番日当たりの良い(暑い)部屋に置いていたのが悪かったのか、それとも単に寿命だったのか。いくら日当たりの良い部屋とはいってもカーテンくらいは閉めていましたから、やはり寿命なのでしょうね。3年くらいの、寿命か。。

それとも、、使い方が悪いのか。。

電化製品も中身は雑多な部品が使われていて、たとえ日本製といっても部品までは分かりません。いえいえ、安さを追求するあまり、日本製の部品など使っていては儲からないでしょう。昔は「安物買いの銭失い」なんて言葉が有りましたが、今や日本中が【銭失い】の世の中なのです。

私も自分のパソコン周りは長期保障無視で、故障する度に買い替えです。少し前までは技術の進歩も早く、修理よりも買い替えのほうが良かったのです。パソコン関連も1~2年したら性能的に激しく見劣りしますし、価格も手ごろになっていますから。そこに部品単体の信用など必要なく、常に【その時の最新】を追求するだけでした。

しかし、それももう考え直す時期に来ています。

パソコン1台作るのにも大量の資源が必要で、仮想水だって何トンも使います。そのくせ性能は必要条件を軽くクリヤーしているのが現状で、寧ろ、何でパソコンが地上波デジタルの視聴や家中の家電を制御出来るだけの機能を持たねばならないのかと悩むくらいです。

これは携帯電話も同様で、「付属としての電話機能かい?」と、技術革新が盛んです。その電話機能すら要らないとばかりに、ある携帯電話では携帯テレビとして端末を購入(解約してもテレビの視聴が可能だそうで)する人も後を絶たないそうです。このような事がニュースで流れたからには、対応前に大勢の人々が端末目当てで流れた事でしょう。

元々は、今秋から予想される乗り換え需要を端末で差別化しようとしたツケです。本来はサービスで勝負するべき所を、端末の魅力で誤魔化したからでしょう。いくら携帯を差別化しても、それより効果的な【料金の低価格化】には踏み切れなかった。と。

携帯電話、まだまだ料金の値下げは先、と。

話を戻して、今回のパソコンも自作です。しかも家族旅行後で資金も乏しく、相変わらずの低価格パソコンとなってしまいました。本当は昔から知っている国産ブランドで中身を固め、名前も知らない外国産は使いたくなかったのですが。。

いかんせん、資金不足。。。

こうやって、貧乏人は無駄遣いばかりするのですね。。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年07月31日Mon [15:28] 日々の話題  

夏本番

最近、目がドンドンと悪くなっている。

誰かに借りた筆記具では、自分が書いた【字】まで見えなかったりする。

<え~、そんな馬鹿な!!> と、慌てて確かめると、それは2Hの芯だった。。まあ、変わらないか。何時の間にか、やや太字のボールペンを愛用している私。。

しかし、Hとくれば


Letter from Ceylonさん が、何時の間にか移転している。私が知っているだけでも、これで彼のブログも5つ目である。しかし、今回はFC2ブログに引越なのに、未だにソバの1つも持って来ない。だから、上の写真を無断拝借した次第。

しかし、本当に危険だ。

こんなビキニ姿の美女を無視するのも不自然であるし、かと言って鑑賞しすぎも危険だ。会社の同僚が傍にいても危険だし、私の奥方が傍にいれば修羅場並みの危険水着でしかない。なのであるから、私は幾つもの洒落たサングラスを持っている。当然、その中には【完全反射型ミラー・グラス】も有るのだ。首を振り振り、目線は釘づけ^^;

元に戻り、普通の眼鏡も買わなきゃ。。な。

楽しいエントリーに爽やかな熱さを感じていたら、何時の間にか夏も本番。

梅雨明けて出勤さわやか、週末から猛暑も
(2006年7月31日11時56分 読売新聞)
気象庁によると、オホーツク海付近から湿った気流が流れ込むため、梅雨が明けたといっても今週は全国的に曇りがちの日が続く見込み。ただ、その後、太平洋高気圧の影響で晴れる日が多くなり、週末から来週にかけては猛暑となる可能性も高いという。

私にとっては、ますます熱くなる【祭りの夏】である。

Comment:1 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年06月24日Sat [12:35] 日々の話題  

W杯は続く

流石に2週間も昼夜逆転生活を続けたからか、未だに頭がボー状態に成っています。

W杯。日本も頑張りましたが、日中の暑さに初戦2戦はスタミナ切れか。これについてはジーコ監督も「残念ながら、テレビ局の都合もあり、この時間にやらざる得なかった。この暑さの中では日本のスタイルが出せなかった」と、不満を漏らしていたそうですね。

まあ相手も同条件だったのですから、モロに体格差を生かされたって事ですか。このW杯に関しては、直前にボールの特性を生かした【魔球】とか、システムの組み替えによる【奇策】などが取り沙汰された時点で、いやーな予感はしてたんですよね。

最後はブラジルの圧倒的な個人技の前に屈した日本ですが、その試合の前半に見せた戦い方が日本本来の戦い方であり、王者ブラジルから奪った見事(綺麗)な1点こそが日本サッカーの集大成だったように感じます。

素早いパス回しと、個人技に頼らない日本式の。

今後は日本も個人技が重視されるでしょうが、それ以前に中田英の見せたゴールへの執念なりが重要でしょうね。相手陣に向かっていく闘争心が有ってこそ生きる個人技であり、三都主のドリブルから玉田へのアシストなんかは執念だったとも思えます。

前半から圧倒的に押され、それでも何処か手抜きされてたように感じるブラジル選手達の余裕に対する、「こんちくしょう!」とばかりの1発。

この玉田の1発から、ブラジル選手達の目の色が変わりました。

高い個人技と、ゴールへの飽くなき執着。

これら両輪が揃ってこそ、次に希望が持てます。ついでに言うなら、攻撃的な高速ドリブルを得意とする選手が日本にも欲しかったのが本音ですね。



Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。