スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年09月26日Tue [14:55] 雑学の話題  

ヨーグルト含有たんぱく質の効果

私は大腸にポリープが出来やすい体質だそうで、年に1回の内視鏡検査が欠かせません。ところがこれ、数ある検査の中でも【最も辛い検査】の1つなんですよね。それが証拠かどうか、検査の後はダウンしているのが常でした。

朗報だな、これは。

元々乳製品も大好きな私ですから、カスピ海ヨーグルトなんかも知っているんですよ。あれも自宅で作る手作り味噌と同様、本当に美味しい味にはならないから作っていませんが。私の場合、あとは血糖値との相談ですが、これも砂糖抜きで何とかなるでしょう。コーヒーに紅茶、これらと同じように砂糖抜きでいただきますか。「良薬口に苦し」なんちゃってね、蒸留酒と共に。。(笑)

母乳・ヨーグルト含有たんぱく質、大腸ポリープを抑制
(2006年9月26日14時30分 読売新聞)

母乳やヨーグルトなどに含まれるたんぱく質「ラクトフェリン」に、大きくなるとがん化する可能性がある大腸ポリープ(腺腫(せんしゅ))を縮小させる効果があることが、国立がんセンターがん予防・検診研究センターの神津隆弘室長らの調査で分かった。

28日から横浜市で始まる日本癌(がん)学会で発表する。

ラクトフェリンは、人間の母乳、特に初乳に多く含まれる。牛乳などにも含まれるが、量が少なく熱に弱い欠点がある。

今回の研究では、牛乳から分離、精製したラクトフェリンの錠剤を使用。同センター中央病院で、すぐには内視鏡切除の必要がない直径5ミリ以下の腺腫が見つかった104人に協力を求め、1日3グラム、あるいは1・5グラムを摂取する群と、ラクトフェリンを含まない偽薬を摂取する群の計3群に分けて、1年後に腺腫の変化を比較した。

その結果、偽薬の群では直径が平均6%増大したのに対し、1・5グラム摂取群では2・1%の増大にとどまり、3グラム摂取群では4・9%の縮小が認められた。

また、3グラム摂取群では、血中のラクトフェリン濃度が高く保たれ、免疫細胞の一種であるNK細胞が活性化することも分かった。

神津室長は「腺腫を縮小させる食品成分が見つかったのは初めて。ラクトフェリンの摂取で、腺腫の増大が抑制できるのであれば、大腸がんの予防効果も期待できる」と話す。


女性の母乳も飲まれ続けたら何時までも出るなんて話も有りますが、生憎と周囲に居ませんからね。



スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年09月03日Sun [21:35] 雑学の話題  

1馬力の基準

鉄腕アトムは10万馬力だとか、昔は色々とこの【馬力】に換算したお話も出てきました。最近ではあまり使われなくなった単位であるこの「馬力」ですが。馬力というのは、文字通り馬の力のことです。しかもこれは日本だけの単位ではなく、英語でも馬の力(horse power)と言いますから、馬力という単位が馬の力からきていることは確かなのです。

しかし馬の力といっても農耕馬から競争馬まで、その能力には天地ほどの差がありますから、一応の目安として1馬力=75[kg*m/s]とされています。すなわち1馬力とは、75キログラムの物体を1秒間に1メートル動かすことの出来る力のことです。ただし私たちが普段、馬力と呼んでいるのは仏馬力(PS)というフランス式のものです。これは1馬力=73.55kg*m/sですが、もうひとつイギリス式の馬力なるものもあって英馬力(HP)と呼んでいます。英馬力は550ポンドの物体を1秒間に1フィート動かすことの出来る力ですから、仏馬力の1.014倍のパワーがあるということになるのです。


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年09月01日Fri [13:20] 雑学の話題  

国歌

日本の国歌がお嫌いだと言う方は、こんな国歌ならOKでしょうか?。

アメリカ合衆国国歌 《星条旗》

ああ、見えるか
この暁の光に
我らが誇らしく称えるものが
夜明けのかすかな光に見えるか

幅広い縞と輝く星は誰のものか
危険な戦いの中
我らが見上げた塁壁の上に
雄々しく翻ったあの縞と星は

ロケット弾の赤き炎と
空に炸裂する爆弾は
世を徹して示し続けた
我らの旗が今もそこにあることを

ああ
星の輝くあの旗は今もはためいているか
自由の大地に
勇者の祖国に

               (野田恵子・訳)


誰ですか、そこで卒倒したのは^^。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年01月27日Fri [13:18] 雑学の話題  

日本とは違う儒教感

中華諸国の儒教(朱子学)と日本の儒教は違い、これなども日本の先人達が独自のアレンジをして採りこんだ1つの業績になるのでしょう。しかしあまりに日本人の感覚にあうアレンジをしてしまった結果、えてして中華国の儒教も同じだと錯覚している場合は有りませんか。

朱子学の根本にある思想は「理気二元論」です。

理とは宇宙に内在する秩序とか法則性の事で、気は宇宙に充満するガス状の物質であり、物を形作る基体の事になります。朱子学ではこの理気二つの働きによって、世界の一切の現象を統一的に捉えられるとします。つまり、そういう理念主義な訳です。

きたい 【基体】
〔(ラテン) subjectum, substratum; (ギリシヤ) hypokeimenon〕あるものについて性質や状態が語られる際に、そうした性質や状態が帰属するそのもの。

だから朱子学において「理=法」は「気=物」が持っている属性とは考えられておらず、それぞれ別個のものだが、「理=法」あるトコロには必ず「気=物」があり、「気=物」があるトコロには必ず「理=法」があるとするのです。つまり、どちらも単独ではないと言う事です。

そうした理解のうえで、「理=法」が「気=物」に秩序を与えていると考えるのです。つまり理こそが気に作用する超越的な実体と見なす訳ですね。

この理気二元論を倫理の問題にあてはめて、気は「現実の君臣関係や親子関係、社会関係」であり、理は「仁・義・礼・智・信」という5つの「性」だと言うのです。この「性」とは「天命によって万物に備わる善なる性質」です。

この「善なる性質」により、社会は「自主性・創造性・意識性」に基づいた客観的な法則で発展を遂げていくとされるのです。つまらん事を、長々と書いちゃったかな。

つまり、こういう事です。

人間社会には一定の相互関係を成り立たせる法則があり、では無くて、法則そのものが人間の自主性を通じて社会に働きかける。これが、朱子学の考え方なのです。

しかし日本では江戸時代において儒学者だった伊藤仁斎が、人間社会の法則は自然界の法則と同列に考えるべきではなく、人間固有のものとして考えるべきと主張しています。理は何ら実体あるものでは無くて、「気一元論」を唱えたのです。

つまり最初に具体的・現実的な人間関係(社会)が有り、「性」はそれに伴っているのであって、けして「先だって」あるものでは無いという考え方です。

理念よりも実際性を、優先する考え方ですね。

倫理・道徳も大事だが、それは普遍的に誰にもあてはめて説くべきでは無い。実際の生活のなかで尊重され生きている、人倫=人間関係が優先されているのです。

仁斎は「道徳を説くには個人的な生活条件を尊重する事が大事で、すべて一律的に説くことは間違い」としました。この仁斎の道徳論を、当時の人々は人情説と呼びました。

この仁斎流の道徳論が、そのまま現代日本人の奥底に眠っているのです。

戦後日本の現実を直視できない中華国国民と、それに対して儒教国家のくせしてと反発する日本人の間にある溝、それもこれも中華理念を優先する側と、現実を問題にする側の対立に過ぎないと考えるのは変でしょうか?。

そして私には、今や古典派儒教世界の方がグローバル化の波を受けて苦悶しているようにも見えます。人間は理念だけで生きて行けるモノでは無く、中華国も今や現実を直視する必要に駆られていると。

韓国では国産映画の上映比率に茶々が入り、中国はネット関連の企業に強制してまで言論統制しようと必死です。しかし、それは内外からも批判される現状です。

韓国、国産映画上映日数を半減へ

中国、メディア統制強化、「氷点週刊」発行停止

中共脱党人数が700万人超、北京は首位、中国の激変が近いか

変固な理念主義が生き残るには、それは閉じられた社会でしか無いと。そう思いますが?。


 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします
 

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2005年09月21日Wed [10:28] 雑学の話題  

スキナーの条件づけ

アメリカの心理学者であるスキナーの実験に、こんなのが有ります。1本の横木(バー)を押すと餌が出てくる箱を用意し、そこに腹を空かせたネズミを入れるとどうなるかと。

ネズミは餌を求めて動き回りますが、そのうち偶然、横木に触り餌が出てきます。このような経験を何度も積むとネズミも学習し、もうネズミも横木を押す事が止められなくなる。これを連続効果と言いますが、実はこれよりも酷い間欠(部分)効果と言うのが有るのです。

これは横木を押す度に餌を出さず、何回かに1度の割合で出すのです。こうされるとネズミは何度も「今度こそは」と、必死に横木を押すようになるのです。これはネズミが自分の欲求を満足させる為の自発的反応で、また横木を押す事が、さらにその反応を強める手段(道具)になったとも言えるのです。

**************

特定アジア(中国・朝鮮半島)の反日教育ですが、実はこれ、自国民をパチンコ依存症のような心理状態にさせる愚策と思えるのです。この「スキナーの条件づけ」は、実はギャンブルの心理を研究したものなのです。

当初が自らの正統性や国民の不満逸らしに使われた反日教育ですが、度を越して続ける事により国民に際限なく膨らむ欲求不満の種を植え付けただけです。これでは反日はおろか、あらゆる事に対して欲望を抑えられない人間に育ちます。

特定アジアで蔓延る桁違いな腐敗に、順法意識の低さ。これらは反日教育で学んだ、「何が何でも自らを正当化する」に他ならないのです。

お隣の韓国では少し話をすると例の火病で支離滅裂に成る人が多いですが、これも「スキナーの条件づけ」が連続効果から間欠効果になり、より反応が強くなったとも言えるのです。

**************

まだまだ物足りないと思われでしょうが、また追々と追記していきます。


Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。