スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年09月01日Fri [13:10] ネット探訪記  

ほっと息抜き^^

ようやく新しいパソコンの設定も終わり、後は細やかな微設定が残るだけです。意外と大変なんですよ、何年か分の垢を振り分けるのは。大筋の導入するソフトは変わらないのですが、小さなツールは殆ど入れ替えました。折角ですから見た目も一新、真新しい大型モニターに合う小道具をと、妙に変なところで凝ってしまいました。

本日の朝刊から1サイトと、先日のテレビから1作品を記録しておきます。

まずはデジタル絵本サイトさんで、こちらは日本や世界の各地に伝わる話をアップされています。先ほど拝見してきましたが、今後は世界中の少数民族の資料も考えていると言う事で、これからも先が楽しみなサイトです。

デジタル絵本サイト

次は何と言ったら良いのかな、とにかくやわらか戦車という変なキャラクターを考え付かれたやわらか戦線異状なしのラレコさんです。

やわらか戦線異状なし

とまあ、近況ついでの息抜き。。
スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年06月06日Tue [21:22] ネット探訪記  

名和秋公式サイト

自称「球技のみ万能スポーツマン」の私ですが、ボーリングの方も好きです。

このボーリングほどプロとアマの差が少ないスポーツも少ないですが、こんな美人にだったら是非とも個人指導を受けたいと思うのは不謹慎でしょうか?。(笑)

名和秋公式サイト
http://sports.nifty.com/nawa-aki/index.htm

最近は滅多に無い、ボーリングの番組。また観ていても楽しくないと感じる私ですが、それは工夫が足りないからでしょうか。あのヤラセの殿堂プロレスですら、アメリカのそれは徹底的に物語り化させていて楽しい。

日本も例えばレスラーが世紀末覇者の格好でもして、同じくコスプレ丸出しの美女でも絡めたら面白いとも思うのですが、如何せん、まだまだそこまでは吹っ切れないようで。。

ボーリングだってそう、わざと何らかの趣向を凝らしてショウビジネス化させないと未来は無いような気がするのですが如何でしょうか。

ピンの手前に動く障害物を置くとか、投げる瞬間だけピンの証明を消して暗闇に投げさすとか。それくらいしないと、益々衰退するしかないとも思うのです。

ほんの、球技大好き人間からの一意見ですが。変かなあ?。

でもね、ボーリングが完全衰退してからでは遅いんですよ。別段ショウビジネス化してもオールド(つまりスタンダード)が基本にはなるのです。いわば、共存ですね。




 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月17日Fri [19:27] ネット探訪記  

!!!!!

日頃、あまりに疲れるニュースを前にして疲れている貴方!!。

日本が WBC準決勝に進めても1勝2敗じゃあねえと感じている貴方。中国様が日本の次期総理に必要な条件を出してくるような不条理に不愉快な貴方も。

ちょっぴり「おき楽」なブログを紹介しよう
#良いのかな? あっちは115万アクセスのブログだがにゃあ。

まあ、余興とばかりに。。。

!!!!!



Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年02月10日Fri [14:11] ネット探訪記  

向き合いの中から

確かに人と人が向き合ったら、そこに生じるは対話orむにゃむにゃ。

2004年4月。イラク人質事件で一時拘束された、フリーライター今井紀明さん(20)のブログです。当時、彼の実家に匿名で届いた批判や、中傷の手紙類の公開をしています。

向き合いの中から生まれるもの、それは対話

「どうしても、自分も言わなきゃっ」て感じる人も多いでしょうが、匿名に守られたネットの中で、隠れての発言では駄目です。私はただ黙って、じーっと手紙を読みました。

批判は、堂々と言いたいですから。

でも、確かにねえ、手紙も匿名では「無責任」に成るものです。

そして、彼も今は「当時の自分」と向き合っているのかも知れませんねえ。さて、その結論は?。



 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2005年09月11日Sun [15:20] ネット探訪記  

歴史上の誰と飲みたい?

アサヒビールが9日に発表したインターネット調査で、「一度でいいから飲んでみたい歴史上の人物」に誰を選ぶか。一番人気は坂本竜馬で、以下、織田信長、聖徳太子と続くそうです。

私なら誰にしようかな、やはり坂本竜馬ですか。私も好きな鰹のタタキでも前にして、美味しい焼酎(こんな所だけ、やや健康志向)でも。風林火山、いかに坂本竜馬と言えど今の日本、容易くは変えられないでしょう。時節を読む事も、また大事です。

だけどもやはり、その熱い情熱迸る話も聞いてみたい。

日本は概ね健康的に推移し、他人の言う事にもとやかく言わない。かつて「大国の興亡」などの衰亡論が出てきた時も、それをも認める大らかさが有った。これは自分の考えとは違う事でも、それが存在する事自体には拒絶反応を示さない健全さの証です。

それを日本が失った時、親日糾弾法(反民族糾弾法)が罷り通る南朝みたいになる。あそこでは罷り間違ってもビル・トッテンの「持続可能な社会を作るために」などは認められないでしょう。

さあて、今日はゆっくりと飲みましょう。相手は、、、イチローか王監督。ユックリとでも良いから全てを話せるなら、小泉総理か岡田党首でも。←言うだけなら、すべてタダです。


Comment:2 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。