スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月21日Tue [13:00] 日本の話題  

WBC最終戦

野球の世界一決定戦だというWBCも、今日が最終日です。

思えばこの1週間、私の心は重く晴れることは有りませんでした。何故なら、このWBCに賭ける日本球界の、その余りに無関心振りを感じていたからです。

思い起こしてください。

王監督が選手はおろか、コーチ陣まで【頭を下げて】頼みまわった事を。そしてそんな努力の甲斐も無く、何人ものメジャーリーグ在籍者に断られる羽目になったことを。

この様な国は日本を除いて、あとは米国しか有りません。

米国の場合は傲慢としても、日本の場合は無関心です。

他の国々では自国のメジャー選手を総動員してでも、このWBCを勝ち抜こうとの意欲を持っていました。その意味に置いては、米国が2次リーグ敗退も止む無しです。

意気込みが、最初から違いすぎます。

イチローの暴言だと韓国が怒る言葉も、本当は日本球界に向けた言葉かも。

円の力で有力選手を獲得しても、その力を世界には示そうとは思わない日本球界。

私は考えます。

プロ選手とは、夢を与える職業だと。

それが例えメジャーによるメジャーの為のWBCであろうが、日本プロ野球球界には自国民に夢を与える義務が有ったと。それが、未だに見えないもどかしさ。

組み合わせがどうのとか、投手の玉数制限、はたまたボールがポールに当たったら2塁打なんていう目新しいルールがどうこうとも言いません。

怪しげな判定にも、それはアメリカの【夢】を演出する為と思えば腹も立ちません。ようするに、それでも無理なくらいに大差で勝てば良かっただけ。

ほんに、あらゆるスポーツとは格闘技なのです。

それを忘れたツケが、先の冬季オリンピックでの日本の成績なのです。

責めるのは易し、原因を知るのは難しいの典型みたいな話です。

夢を与えられないような心構えならば、「初めから出るなよ」なのです。それって、自分を応援してくれる人々を無視しているのと同じなのですから。

今回のWBCでは気づく事が多く、あまりのアホらしさにも辟易しています。

そんなこんなも、今日が最後です。

幸いながら、今は日本が4対1と押しています。

頑張れ、日本!!。

夢よりも、有りもしない実を採った日本球界の、その鼻をあかしてくれ。

今回のWBCで得た感想は、また今後のエントリーに反映させます。

あまりにも、識者と呼ばれる方々の馬鹿さ加減などを盛り込んで。

後はもう、王ジャパンとイチローの活躍に期待して筆を下おきます。




 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
三光さん、
勝ちましたぜ。
韓国、ザマァミロ!とはしたなく罵っております。
ガハハ。

FRANK LLOYD
2006/03/21(Tue) 21:55:18 | URL | khenepheresさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。