スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月23日Thu [15:04] 徒然の話題  

健全なナショナリズム

世界のベースボール最強決定戦であるWBC第一回大会も、奇跡的な日本の優勝で幕を閉じました。ここは日本球界からの全面的支援を受けられずに孤軍奮闘してた王監督や、途中からプロ本来の戦う集団と化した選手達に拍手を贈ります。



映画【メジャーリーグ4】でしたか、自分達が最強と自惚れていた米国に、冷や水を浴びせかけた3Aチームが日本だった訳です。当然、自尊心を傷つけられた米国の反撃も予想されます。同じく映画【帝国の逆襲】ばりに、今度は本気で来る事でしょう。

決勝の相手国であるキューバもまた、過酷な(米国側の算段では)戦いを強いられていました。米国の思惑では自国とドミニカの決勝戦とする筈が、どちらも決勝戦に進出できないという想定外な大会だったのです。

しかし私は、2次リーグで日本がB組に入っていればと感じるのです。

米国で催された2次リーグは、日本にとって愉快なリーグでは無かったからです。米国側のアジアン・ベースボール軽視の証でしょうか、疑惑の審判があり、隣国同士の政治絡みがありの、とても戦いにくいリーグだった事は容易に想像できるでしょう。

王ジャパンにとって、これほど戦いにくい組み合わせも無かったでしょうね。それでも緻密な戦いを続け、最後には栄冠を手に入れた精神力に感心するばかりです。

勝負の世界に生きる人なら、当然「勝負事は勝たなければいけない」と考えます。「勝たなくても良いや」などとプレーする選手に、誰が夢や感動を感じるでしょう。

WBC開催前にイチローによる「暴言」と韓国側が反発する言葉も、これは勝負の世界に生きる人物ならではの発言なのです。これに韓国側が腹を立てたならば、同じように言い返せばよかっただけの話なのです。

それを韓国側は自国民のナショナリズム高揚の為の、そんな道具にしてしまった。

日本ではマスコミが自国のナショナリズム高揚に気を使いますが、それが外国では高揚の為の道具である事が半ば常識です。

韓国は単なる高揚の道具から、今やエスノセントリズムにまで育っています。

エスノセントリズム(英:ethnocentrism、自民族中心主義、自文化中心主義)は、社会進化論者ウィリアム・サムナー(William Graham Sumner)の造語で、自分の育ってきたエスニック集団(族群)、民族、人種の文化を基準として他の文化を否定的に判断したり、低く評価したりする態度や思想のこと。

それが日本の選手に対するブーイングや、挙句のはてには日本人選手のホームランボールを叩き落そうとダンボールが球場に舞い散るのです。(準決勝時の1シーンで、本当に観ていて気分が悪くなる)あげくは、マウンドに旗を突き立てる。

これは韓国の国家が生まれた生い立ちからも説明できて、今の韓国は太平洋戦争前の日本と同じ国民意識にあるのです。日本の場合も明治維新まで国民国家としての意識を持ちませんでした(あったのは多くの藩と、幕府)から、それを纏める為の方便として天皇制エスノセントリズムが発動されたのです。

ナショナリズムがエスノセントリズムに変化しない限り、ナショナリズムは国民の間に連帯感を齎す良い面が有るのです。それをマスコミや知識人達が日本のナショナリズムだけ目の敵にしていては国民が駄目になります。何時までも無菌室に隔離していて、真に強い日本人に成れるとお考えか。

それを山本晋也あたりが「ナショナリズム駄目よ」論など出してイチローを責めようとしても、かえって底の浅さを露呈するだけに成ります。実際の球場から、テレビのカメラを通じて、韓国の異常なナショナリズム(それはもう自民族中心主義)が流れ出してくるのですから。

知識人を自認するなら、何故安易なナショナリズムが駄目なのかを説明しなくては成りません。それにはうってつけのお手本(韓国の異常なまでな熱狂)が、その画面を通じて流れ込んで来ているのですから。これに目を閉じていては、真の知識人とは言えない。

これからもマスコミが国民を無菌室に隔離しておこうと考えるのならば、益々、日本人は真の連帯感(ナショナリズム)からエスノセントリズム(自民族中心主義)へ振れ易い危険な道を冒し続ける事になります。

知識人→体制批判→特A擁護などと安易な流れでは、もう知識人とも呼べない堕落した独覚(小乗(ヒーナヤーナ、hiinayaana)仏教(しょうじょうぶっきょう)用語)でしか無いのだよ山本晋也さん。

「こういう姿、めったにないでしょ。イチローが日の丸をこうやって持って。何で急にこんなにナショナリズムに対して熱い人になったんだろうと。日の丸ナショナリズムというか、スポーツ日の丸。そういう意味ではすごい」by山本晋也

バカ。。

「勝負事は勝たなければいけない」…王監督ら帰国会見
(2006年3月22日21時49分 読売新聞)
王監督は「フィギュアの荒川選手が凱旋(がいせん)した時にうらやましいと思っていたが、日を置かずして、自分たちもそのような熱烈な歓迎を受けるとは思っていなかった。やはり勝負事は、勝たなければいけないなと感じている」と笑みを見せた。

もっとも国際大会などで各国のナショナリズム溢れる応援振りを目の当たりに出来る昨今の日本人ですから、マスコミや自称知識人が騒ごうとも流れは変わらないかな。

エスノセントリズムこそが回避すべき思想であり、健全なナショナリズムはワクチンであればこそ、【毒薬】では無いのです。


 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
FRANK LLOYDです。でも、FC2なので別のURLでHNですが、まあいいか

王監督はご存じ台湾出身。日本人選手の中にも国籍を変えたとはいえ在日、或いは旧植民地出身の家族がいる選手も混ざってます。

韓国は血脈でのエスノセントリズムですが、日本は単一民族と思われていても、実は昔からそうではないようです。半島人も大陸人も亡命者を受け入れてきた歴史を持ちます。

それを大和系(?)日本民族の認識も薄いせいもあり、みんなよくわかっていないようです。
このボーダーレスの国際社会で、いつまでも血脈によるナショナリズムの高揚を言っていてもしょうがないでしょうに。

などと、つらつらと。
2006/03/23(Thu) 15:18:33 | URL | khenepheresさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。