スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月16日Sun [09:54] 日本の話題  

新日本石油、水素研究に基金設立

え、水素って水に電極入れてさあ、ポコポコと泡で取り出す奴でしょ^^。

まあ、こんな理科の実験じゃあ有るまいし。実際のトコロは、もっと別のやり方で効率的な取り出し方をしているに違いない。。。でも無い。このマンマだった筈。

でね、この水素って奴は取り扱いが難しい

新日本石油、水素研究に15億円の基金設立
朝日ウェブ 2006年04月15日23時20分
新日本石油は、燃料電池などに使われ、次世代のエネルギーと期待される水素の研究費用を助成するため、総額15億円の基金を設けた。拠出金の管理運用を信託銀行に任せる公益信託制度を使う。総務省によると、同制度を使った民間企業の基金としては国内最大という。

「ENEOS(エネオス)水素基金」と名付け、大学など非営利機関の研究者に、1件最高1000万円、年間5件まで助成。水素の製造・輸送・貯蔵などの基礎研究が対象で、特許などの成果は研究者に帰属する。専門家の運営委員会を設け、今月下旬に公募する。

基金は3月末に10億円で設立しており、07年度に5億円を追加する予定で、「社会貢献の一環として今後約30年は助成を続け、燃料電池などの普及を進めたい」(西尾進路社長)という。

ヒンデンブルグ号の惨事以降、急速に飛行船が衰退した轍を踏まないように。

その為にも効率的かつ安全な、そんな水素の製造・輸送・貯蔵などの基礎研究が求められている。つまり次世代エネルギーと期待される古くて新しい水素が、またもや大惨事を惹き起こさないように。か。

しかし、新日本石油もGJですよ。まだまだ、水素も基本的な研究が必要ですからね。

子どもがライターを弄っているのを見て、危ないと取り上げているだけじゃあ、何時までたっても子どもがライター1つ上手に扱えない。変な例えかな。

時代は変わり、技術も変わっています。

水素だってガソリン並みに輸送・貯蔵(吸着か?)して、1エネルギー値あたりの値段も安価(次世代石油よりも。此方は今後、砂や岩から分離しなくちゃならん)に製造できる可能性が有りますものね。

あはっ、こんな話題が好きだなあ^^。

この水素関連で、これから先どんな技術が飛び出すか、今からワクワクものです。


Ps
春先から急激に忙しい(家庭・仕事・ML)状態になり、未だに続いています。このブログの更新も滞っていますが、今しばらくは無理のようです。


 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *スポンサーサイト*新日本石油、水素研究に基金設立* のトラックバックURLはこちら
  • http://sankou.blog13.fc2.com/tb.php/133-d6665576
新日本石油 新日本石油新日本石油株式会社(しんにほんせきゆ)は、主に石油|石油類の石油精製|精製や販売を行う日本の企業である。東京証券取引所|東証第1部、大阪証券取引所|大証第1部、名古屋証券取引所|名証第1部などに上場する(証券コード:5001)。日本石油と

2007/06/05 10:45:58[まいの記録]  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。