スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年05月13日Sat [11:05] 日本の話題  

エタノール製造を沖縄振興の目玉に

私の以前書いたエントリー「バンタナールからの警告」でも少し触れましたが、新世代のエネルギー候補としてエタノールも有ります。これが沖縄の振興策として浮上してきましたので、もう少し考察を重ねてみます。

経済協力開発機構(OECD)参加諸国中、一次エネルギーの中に石油の占める割合が最も高いのが日本です。それは全体の50パーセントにも達し、いかに日本では天然ガスが普及していないかの証明だったりします。日本の天然ガス使用量は、今のところ約10数パーセント程度なのです。

しかもその少ない天然ガスも大半が電力会社の発電用に回され、都市ガスなどのシェアは他の先進国と比べて1桁ほど低い数字にしかなっていないのが実情なのです。勿論、天然ガスにも石油と同様に種々の問題は有ります。

日本がどの化石エネルギーにも偏る事無く、選択肢を拡げておく事は重要です。

無尽蔵かの様に見える石油も原油としては残り埋蔵量1兆6000億バレル、約60年分とされます。しかも世界的に需要増加傾向に有るので、実際上はもっと短期間で枯渇が噂される様になるでしょう。後はオイルサンドとして50年分、オリノコ重油として40年分、オイルシェールとして130年分は大丈夫とされますが、どちらにせよエネルギーとして使える為のコストも上昇し、値上げは必至とも言えます。

この方面における日本の無策ぶりは日中のガス田問題でも露呈されているように、日本の次代にツケを残すだけの先送りとなっています。よく資源小国日本とされますが、実際は世界でも有数の広さを誇る大国(世界第7位)です。その支配下にある海の底には石油に天然ガスを初め、これも次世代エネルギー候補であるメタンハイドレートなども確認されています。

意外と、日本にも資源は有るのですよ。

中国(同、世界第9位の領土)などレアメタルの生産地として、大きく国家戦略の一環で日本からエネルギーの供給を行えば良いのです。このレアメタル(希少金属)も最新技術の素材としては重要で、日中がお互いに必要とする関係に格上げせざるを得ない状況に持っていくのが必要なのです。それが出来る可能性が、日本の海には眠っているのです。

このまま日本がエネルギーや希少素材分野で無策ぶりを続けるならば、中国もそのレアメタル関連で日本を無視した国策を続けるでしょう。中国政府の意のままになる輸出素材であるレアメタル、それを必要とする日本経済界の中国寄りという側面も有るのです。他の国などとうに国策でもってエネルギーやレアメタル獲得に動いているのに、それすらが出来ない日本への不満の裏返しでしょうか。

しかし現実的問題として、今の日本が目指すべきなのが自国の一次エネルギーの偏りを無くす事であり、そして自国が持つ新世代エネルギーや素材の資源を正しく把握・開発しておく事です。そうすると自ずと将来が開けて、日中相互供給の道が開きます。どの国も偏りのある供給源は好まないのですから、中国もロシアへの過剰依存は避けて通ります。

日本の新世代エネルギー政策(その1つ)であり、地域振興策の1つにとエタノールの製造です。この場合は、間違いなく良い指示だと思えます。

エタノール製造を沖縄振興の目玉に、首相が指示
(2006年5月13日0時18分 読売新聞)
小泉首相は12日夜、都内のホテルで、額賀防衛長官、二階経済産業相らと会談し、沖縄振興策の新たな柱の一つとして、県特産のサトウキビを使ったエタノール製造を国としても支援するよう、両閣僚に指示した。

二階氏の提案に応えたもので、最近の原油価格高騰も踏まえ、新しいエネルギー開発の拠点とするのが狙いだ。

出席者によると、首相は、在日米軍再編に関し政府が来週にも行う予定の閣議決定について、「閣議決定は急がない。6月の日米首脳会談に間に合えばいい」と述べ、沖縄県など関係自治体との調整を優先する考えを示したという。




 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

スポンサーサイト

Re Comments.

この問題に関してはじっくりエントリーを書くとして、

>中国もそのレアメタル関連で日本を無視した国策を続ける
このレアメタルの産地のひとつは山東省なんですね。山東省ズボ市。決して対日観がいい地方じゃありません。旧日本軍がやりたいことをやってました。日本人の大量虐殺があったのもその近く。
でも、行くと大歓迎をしてくれます。決して悪い人達ではありません。
そう言えば、レアメタルもどこかで書きましたっけ。探してみようっと。
2006/09/13(Wed) 19:24:24 | URL | FRANK LLOYDさん #mQop/nM.[ Edit.]
『流石!』 
流石はFRANK LLOYDさん。
中国産出のレアメタルやレアアースが、いかに日本の誇る家電業界の製品と密接な関係を持つのかが、お分かりなのですね。それは日本の家電商品は言うにおよばず、その加工機にも重要な素材なのです。私が仕事で少し関係するレーザー加工機においても、【中国産】の稀少素材が無ければ成り立たない。これは先般、日本が打ち上げたような偵察衛星のような擬似民生品レベルの話でもないのです。本当に世界の最先端を行く加工設備が無ければ立ちいかない、そのような世界とも言えるのです。
2006/09/14(Thu) 12:51:12 | URL | 葛城さん #mQop/nM.[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *スポンサーサイト*エタノール製造を沖縄振興の目玉に* のトラックバックURLはこちら
  • http://sankou.blog13.fc2.com/tb.php/143-46e0a222
枯渇?無限?年々増える石油埋蔵量(1) 石油の埋蔵量、以前、MLで激論したことがあるんです。FRANK LLOYD「石油は近いうちに枯渇する!この野郎!」相手「次々に新しい油田が開発されて、100年以上は持つんだ!この野郎!」さて、どんなものなんでし

2006/09/13 19:24:55[Letter from Ceylon]  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。