スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月01日Thu [16:14] 徒然の話題  

歴史の転換点

BRICsとは、ブラジル、ロシア、インド、中国の4か国の頭文字をとった造語です。これはアメリカの大手証券会社ゴールドマン・サックス社が、2003年秋に投資家向けにまとめたリポートで用いてから注目された言葉です。

つまりこのBRICsが現在のペースで経済発展していくと、世界経済の地図を大きく塗り替えるという予測です。これによると今後30年以内に日本経済は規模のうえで中国はもちろんインドにも抜かれてしまい、21世紀半ばには現在世界の経済大国トップ6か国であるアメリカや日本、ドイツとフランス、イギリスやイタリアの合計をBRICs諸国が経済規模で上回わると言うのです。レポートは21世紀半ばの経済規模として中国→アメリカ→インド→日本→ブラジル→ロシアの順となるとしています。

このBRICsも将来的に世界の経済大国に成るのは間違いないでしょうが、はたして先進国と呼べるような国家に成るかは甚だ疑問です。

先進国(せんしんこく)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国のことを指す。後進国(現在では開発途上国又は発展途上国、途上国の方が一般的)に対して、先進国と呼ぶほか、先進工業国、富国、中進国、高所得国などとも呼ばれることがある。

それぞれの国が、それぞれの問題を抱えています。

人命より国策を優先する中露に、カースト制に宗教問題を抱える印。犯罪多発で刑務所襲撃も珍しくない、伯。伊達に、彼の国々は先進国競争に遅れをとっていた訳でもない。

1つ言えることは、これらの国々は過去をひきずったままの国だと言うことかな。

アメリカの一極支配とも言われる昨今ですが、このアメリカの一極支配を別視点から言うと既存秩序の破壊者な訳です。尤もこの既存秩序の破壊は個人の中でも葛藤を生むくらいに微妙な話なので、同一個人の間でも激しく揺れ動きます。

卑近な例から引き合いに出すと日本の景観法なども同様で、その個人が好む景観とは何かと言う問題にも行き着きます。日頃は住環境の効率化を最優先に唱えている人が、自らの住む土地の景観には保守的で有ったりと。

こうなると結局は、その社会が持つ価値観の差でしか無いようにも思えます。そして常に最善を求めて価値観を塗り替えていける国か、そうでない国かと。

これは個々毎の事例を引き合いに出さなくとも、日本も多くの価値観を乗り越えてきています。それらの是非はここで語りませんが、戦後の日本人は多くのパラダイムを乗り越えて来ているのです。共通の大前提は常に新人類(古い表現だ)によって書き換えられ、そして何時しか忘れ去られる。

パラダイム
〔paradigm,「範例(=動詞・名詞などの語形変化の典型的な例)について示した表」の意のギリシャ語に由来〕〔おもに科学史で〕その時代・社会において、一つの分野に属する学者のほぼ全員が共通の大前提として認めている、研究の基本的手法や問題意識(の手本)。〔事物を認識する基本的態度や問題の選択・設定・取扱い・解決の方法など理論体系の枠組を包括的に指す用語。広義では、その分野における思考の枠組や△学問(芸術)の方法論、共通の基準の意にも用いられる〕

そう、昔から日本人の得意分野ですね。

かつてのヨーロッパ人から新しい価値観の台頭と言われた米国と日本、だからこそ雌雄を決する歴史的必要が有った。世界に破壊者は、1人(国)で十分です。。

さて話をBRICsに戻して、これらの国々が先進国入りを目指すと、自ずとそれまでの先進国諸国も変質せざるを得ません。旧東側や途上国の圧倒的に安い労働力(それは先進国の全部を合わせたよりも大きい)が世界に溢れ、しかしそれら新市場の伸びは遅れるでは。

米国の優位性を見習い、自らも先進国入りを目指すBRICsが既存の価値観をそのままに動くと、今後の社会は益々混迷を極めるでしょう。現先進諸国は対外的には保護政策に、国内的には2極化が進み、新興勢力では社会の歪みが国家の不安定化を促す。

このような混迷は何処かで均衡するでしょうが、それが何処かは明確で有りません。国家レベルや個人レベルでの不満はこれからも続くでしょうし、解消する術は有りません。

今後BRICsは益々先進国化し、旧先進国は所謂ところの途上国化する。

ゴールドマン・サックス社の予測は世界的な【先進国】との定義を書き換えた所の、新しい均衡社会を予言すべきとも思えます。これに反発したのが仏の仏基準であり、日本の新しい価値観提供の試みです。他国の製品と明確に区別(差別)する為に、自国の技術や産物に自信を持った国々が動き出しているのです。

日本では漆塗り等の伝統技術を先端技術に組み込んだ事例など、従来の価値に日本独自の価値を加えた製品が模索されています。これは一種の保護主義とも呼べ、途上国の製品に対する明確な差別化です。しかし、日本人の誰がそれに反対できるでしょう。

また液晶やプラズマの核心技術拠点を国内回帰させたりして、自社の技術的優位性を確保する国内企業を責められるでしょうか。

やはり、不満は続く。です。

途上国は先進国の技術を欲し、先進国は技術をBB化する。途上国は安価な労働力を武器にし、先進国は負けずと労働力の2極化で対抗する。泥沼です。

私達は今、正に歴史の転換点に有るのでしょう。

この様な時代に生きる私達としては、まず自分の周囲を整える事が肝心です。他者を批判する視点も大事ですが、それ以上に自らが生き抜く算段が重要なのです。

世界的均衡化の激しい波の彼方、今のままの先進国など存在しえないのです。より生活しにくくなった先進国と、その先進国モドキが共生しえるか。これから益々と熾烈化する鬩ぎ合いの中で、まずは自分のポジションを確保する事です。




 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。