スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月06日Tue [21:44] 世界の話題  

日本の油田開発権取り消しを警告

ほら、言わん事じゃあない。

現代社会で【遅すぎる決定】は為にならない。イランの核開発をどうするかという判断が遅すぎるから、こんな要らぬ揺さぶりを受ける羽目になる。

私の出したオリジナリティーですら、少々遅い忠告だったのですが。

何度も言いますが、プロはプロらしく先を読んでこそのプロです。後追いばかりでは、誰でも出来る事でしか無いと肝に銘じて欲しいですね。

イラン、日本の油田開発権取り消しを警告
(2006年6月6日20時57分 読売新聞)
イランのバジリハマネ石油相は、日本の国際石油開発が開発権益を持つイラン南西部アザデガン油田開発について、「我々は日本側の遅れを許容できない」と述べ、9月までに国際石油開発が開発に着手しなかった場合、同油田の開発権を取り消す可能性を警告した。

イラン国営テレビが6日伝えた。

この発言には、イラン核問題をめぐり、日本が「有志国」による対イラン制裁を模索する米欧と共同歩調を取らないようけん制する狙いがあるとみられる。

石油相はさらに、「日本側が期限を守れなかった場合には、我々の技術者に開発を行わせることになる」と述べ、イラン国内の業者に開発権を移す可能性を示唆した。

アザデガン油田は国際石油開発が75%の権益を持つ。イラン側は、国際石油開発による開発着手の履行期限が9月に切れると主張している。




 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。