スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月09日Fri [01:28] 日本の話題  

NHKのFM削減に反対

NHKのチャンネル数削減案で、私はFM放送は続けて欲しい派です。

毎日車で往復2時間ほどの通勤をしている私ですが、その3分の1くらいはNHKの放送を聴いています。残りは民放が少しと、自前のCDが多いですね。

さてNHKのFM放送にはジャズやクラシック、あまり普段は聴けないロックや懐メロなども流れてます。商業放送では放送すら出来ない、このような音楽ジャンルを流せる所にこそNHKFMの良さが有ると思うのですよ。

日本の音楽文化が流行のロックなり歌謡曲に限定されたら、それこそ日本の音楽文化の裾野が狭められる事になるでしょう。ラジオで聴いたことも無いジャンルの音楽が廃れるのは早いだろうと予測され、それこそ巷で言われる2極化が余計に進むかも分かりませんよ。

公明、NHKのFM削減に反対…竹中総務相に申し入れ
(2006年6月8日23時10分 読売新聞)
公明党は8日、NHKのFM放送削減などを盛り込んだ竹中総務相の私的懇談会の最終報告書に対し、「特に削減を行う理由がない」などと反対する申し入れ書を竹中総務相に提出した。

報告書が打ち出した放送局の放送設備と番組制作を切り離して新規参入を促す「ハード・ソフト分離論」については、「(災害など)緊急時における国民への適切な情報提供に支障が生じるおそれがある」として、「ハード・ソフト一致の原則を今後とも堅持すること」を求めたほか、県域ごとに放送免許を与える「県域免許制度」についても維持を求めた。

「マスメディア集中排除原則」の緩和や、IP(インターネット・プロトコル)放送による地上デジタル放送の同時送信については、地方局の機能が損なわれないよう配慮するよう求めた。

「特に削減を行う理由がない」ですか、何と芸(見識)の無さでしょう。

NHKのチャンネル削減について、どうして国民の声を聴かない。たんに費用対効果だけで算出出来ないからこそ、NHKなのでしょう。残して欲しいチャンネルくらい、実際の視聴者である国民にどうして聴けないのかなあ?。

竹中総務相もそうですが、この公明党の意見を捻出した人も学生時代はオールナイトばかり聴いてて、美しい音楽は聴いていなかったのですね。

だから味気ない、ザラザラとした砂のような施策ばかり考えつくのかも知れませんね。



 ←宜しかったらポチッと、1クリックの御協力をお願いします
スポンサーサイト

Re Comments.

私はむしろ昨年ライブドアに狙われたニッポン放送などの民放のAMを潰してもよいと思います。昨年のあの騒動でタモリや中島みゆきなどがフジテレビの圧力があったかなかったか知りませんが、急に番組をやめると言い出し、リスナーをバカにしています。まあもっともあんなヤツらの番組などどうでもよいのですが、それより怒りを覚えるのが、ニッポン放送のドアホ社員たちです。アイツらは放送の公共性を盾にして反対行動を取りましたが、今のオマエらの番組がそれを名乗るに値するのか。私が一番気に入らないのは、この時期全AM局がまさに護送船団方式の横並びの野球中継です。野球中継が悪いとは言わない。でもなぜ全AM局が、公共の電波で野球中継をするのか理解に苦しみます。野球ファンは多いかもしれませんがそうでない人のことをまったく無視している。しかも同じ試合を何局も放送しています。例えば阪神vs巨人戦とかになると、民放以外にNHKも含め、5~6局くらい全ての局が放送しています。あまりにひどいです。これで放送の公共性など片腹痛いです。電波利用料もまともに払わず、まさに公共の電波を私物化しています。NHKも野球中継するくらいなら、AMも二つはいりません。そして繰り返すようですが、民放AM局を削減すべきであると思います。
2006/06/09(Fri) 17:38:50 | URL | 久寿川さん #-[ Edit.]
『でもねえ』 
民放各局も己自身が権力でも有るなんて事を無視して、如何にも自分達は国民の側に立つ国民の代表なんだという所もチラホラですね。まあそれも組織てなものが持つ、組織故の防御本能かも分かりませんね。
まあ野球放送に関して言えば、私の別に出したエントリーにも触れていますが「私はそれを楽しんでいる」のが実情なんですよ。尤も、そこでも触れたように興味または関心のない層には不興だろうなと。しかしまあ、民放は「CM費」を貰って放送する立場です。だから削減しろなんて話が通る事もなく、それは寧ろ「口出ししすぎ」だと思いますよ。
民放AM局に不満があるなら、それは聴かないとこ。また聴かないように、ネットを通じて万人に訴える事では無いでしょうかね。それが多くの賛意さえ得られれば、まず民放のスポンサーが降りてしまいますよ。そうすれば、自ずと民放も考えざるを得ない。
政治は国民の民度以上にはなり得ず、民放放送もまた然りでしょうね。
2006/06/09(Fri) 21:08:28 | URL | 葛城さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。