スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月14日Wed [21:23] 日本の話題  

韓流ブームをコーヒーで

まあ韓流ブームも一過性でしたから、近くのビデオ・レンタル屋にもハッキリと凋落の影が見て取れます。韓流ブーム全盛期には貸し出し中ばかりだった韓流作品達が、今では借り手も無くズラリと並んでいるのですから。

本来が新しいNHKの番組提供分野として開発された韓流ですが、どこか(数十年前の日本)で観た展開や演出でしかない。だから日本の放送業界が煽れば煽るほど、なんで昔観たような番組を有り難がって観なければならないのかと、そう日本の視聴者にソッポを向かれたのかも知れませんね。

まあ所詮は、狭間のブームでしか無かったのでしょう。

韓国ドラマ商品売れず…NHK連結決算は減収減益
(2006年6月13日19時36分 読売新聞)
NHKは13日、子会社21社と関連会社4社を含む2005年度の連結決算を発表した。

一般企業の売上高に相当する経常事業収入は、受信料収入の減少に加え、韓国ドラマ関連商品の売り上げが前年度比55億円減となったことなどから、同146億円減の7471億円。当期純利益にあたる当期事業収支差金も同76億円減の70億円で減収減益となった。

これを受け、連結対象のうち18社から計36億円がNHKに配当される見通し。

韓流ブームに踊った人、踊らされた人。

踊るアホウに、観るアホウ。同じアホなら、踊らにゃ損、損。とは言っても、結局最後まで興味の興の字も湧かなかった私です。あんなモノ観るくらいなら学園熱血シリーズでも借り出して観てた方がマシだと。「わぁ、なんて若いんだぁ!!」と、往時の俳優達を見直す為にも面白いかなあと。。(ほんと、とっても若かった。当たり前ですがね)

そしてビデオのお供が、軽いスナックと紅茶かコーヒーですね。これが渋いお茶なら時代劇でも観てるんでしょうが、まあ私の観る絶対量が違いますから。

アルコール性肝硬変、コーヒー1杯で8割に減少
(2006年6月13日13時0分 読売新聞)
飲酒量が同じの場合は、コーヒーを多く飲む人ほどアルコール性の肝硬変になりにくいことが、米カリフォルニア州での大規模な疫学調査で確認された。

調査を実施した研究者は、1日1杯のコーヒーで発症の危険性は8割に減るとしながらも、予防には「お酒の飲み過ぎを避けるのが先決」と、くぎも刺している。米医学誌「内科学アーカイブズ」電子版に12日発表された。

調査は、医療保険などを運営する「カイザー・パーマネンテ」研究部門のアーサー・クラツキー医師らが、保険加入者12万5580人を対象に実施。1978~85年の時点で尋ねておいた各自の生活習慣と、その後の病気発症状況との関連を分析した。

それによると、2001年までにアルコール性肝硬変を発症していたのは199人。喫煙など他の要因が影響しないように配慮して分析を試みたところ、明確に浮かび上がったのがコーヒー効果。飲まない人に比べ、1日に4杯以上飲む人の発症リスクは2割、1~3杯の人でも6割にとどまった。

日にコーヒー5杯は飲みますが、お砂糖は入れないようにしています。外出先(仕事含む)では無糖のブラックがメインで、家では牛乳を入れただけのコーヒーにしています。

このコーヒーだってミルクと砂糖だらけでは他に問題(肥満等)が出るでしょうし、何も入れないなら入れないで胃がイカレそうですから。

身体に薬と言うことは、言い換えれば毒薬でも有るのですよね。だから何事も程度が有るのですから、極端に走っては駄目と言うことです。

さてNHK、些か韓流に頼りすぎていませんでしたか。冬ソナ以降の韓ドラで、これはと言えるようなヒットが出ませんでしたね。しかし韓国側に払う金額は冬ソナ以降鰻登りで、結局は思うほどモトの取れなかったブームに終わったのでは有りませんか。

安くて親近感を抱かせそうな俳優が出演する(外見は一緒です)から、日本で放映される外国番組の狭間に入った韓流でしょうが、はたして今後も続けて韓流を供給していく価値が有るでしょうか。同じ外国の番組でも【24】なんか、とても人気が有る番組ですよ。




スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。