スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月24日Sat [12:35] 日々の話題  

W杯は続く

流石に2週間も昼夜逆転生活を続けたからか、未だに頭がボー状態に成っています。

W杯。日本も頑張りましたが、日中の暑さに初戦2戦はスタミナ切れか。これについてはジーコ監督も「残念ながら、テレビ局の都合もあり、この時間にやらざる得なかった。この暑さの中では日本のスタイルが出せなかった」と、不満を漏らしていたそうですね。

まあ相手も同条件だったのですから、モロに体格差を生かされたって事ですか。このW杯に関しては、直前にボールの特性を生かした【魔球】とか、システムの組み替えによる【奇策】などが取り沙汰された時点で、いやーな予感はしてたんですよね。

最後はブラジルの圧倒的な個人技の前に屈した日本ですが、その試合の前半に見せた戦い方が日本本来の戦い方であり、王者ブラジルから奪った見事(綺麗)な1点こそが日本サッカーの集大成だったように感じます。

素早いパス回しと、個人技に頼らない日本式の。

今後は日本も個人技が重視されるでしょうが、それ以前に中田英の見せたゴールへの執念なりが重要でしょうね。相手陣に向かっていく闘争心が有ってこそ生きる個人技であり、三都主のドリブルから玉田へのアシストなんかは執念だったとも思えます。

前半から圧倒的に押され、それでも何処か手抜きされてたように感じるブラジル選手達の余裕に対する、「こんちくしょう!」とばかりの1発。

この玉田の1発から、ブラジル選手達の目の色が変わりました。

高い個人技と、ゴールへの飽くなき執着。

これら両輪が揃ってこそ、次に希望が持てます。ついでに言うなら、攻撃的な高速ドリブルを得意とする選手が日本にも欲しかったのが本音ですね。



スポンサーサイト

Re Comments.

『言い訳』 
オーストラリア戦の負けが全てとは思いますが、ジーコのボヤキも分かる気がします。
現地時間15時からの試合が2戦あったのは日本を含めても3チームしかなく、オーストラリアとクロアチアの試合時間が変更されて15時になった経緯を考えるとテレビ局に足を引張られたと自分でも言い訳したくなると思います。
2006/06/24(Sat) 18:37:52 | URL | jseekerさん #mQop/nM.[ Edit.]
嘘か誠か、この問題に日本の金が動いたとすれば「なんたるちあ」
ですよね。そしてそれが完全否定できない所に、今の日本の報道
機関の病巣(劇場型)が有ったりする。
ちなみに「試合時間が変更されて」とは、新しい情報を有り難うござ
います。(そこまでは知らなかった^^) 感謝感激雨霰^^
2006/06/24(Sat) 21:49:43 | URL | 葛城さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。