スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年06月23日Thu [12:33] 徒然の話題  

いろんな旅

私の息子(上の子)は、旅が好きです。な~に、それは自転車で片道数時間の、そんな手軽な「探検の旅」です。今のところは。

いつも、ちゃんと夕食前には汗を流しながら帰ってきます。

そういえば私も昔は、やはりいろんな旅に出ました。これはもう、立派な遺伝なのですね。

この見知らぬ道を真っ直ぐ走っていけば、一体どんな場所に行けるのだろう。この見知らぬ茶店で暫く喉を潤していけば、一体どんな素晴らしい人に出会えるのだろう。そんな叶わない事ばかりを考えては、色んな場所に行きましたっけ。それは自転車か、車か電車の違いだけなのです。そう、それは今の間だけ(息子は中学生)でしょうが。

「ルパン三世・カリオストロの城」のオープニング。ルパンと次元が、遥かカリオストロの城を目指して見知らぬ土地を旅をする。その描写と心憎いまでマッチした主題歌との、その場面に一体どれくらいの人が心動かされた事でしょう。誰にだって有る、何処か見知らぬ土地を旅したい、経験してみたいとの欲求。

冒険と探検は違いますが、とにかく何処か見知らぬ場所に行ってみたい。このどうしようもないくらいの、心から湧き上がる欲求。

やがて人はその欲求を抑え、または屈します。どちらが強くて、どちらが弱いなんて言えない位に紙一重の世界です。また、どちらが良いとも言えない位の世界です。

しかし人は内心、自分と違う選択をした人を羨み、また羨まれる。だからかな、イラクで亡くなった斎藤氏が大きな話題になったのは。彼は実質的に傭兵なんだけど、それでも日本中が心配しましたね。

これ以上は分析しませんが、だけど何か今の日本が失った大事な事を知らされた。そんな気が、だんだんと強くなる毎日です。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。