スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月27日Thu [20:27] 世界の話題  

バハイ教

イスラム教徒にとってイスラム教、キリスト教、ユダヤ教以外は基本的に邪教で、無宗教者は論外です。それらの人々は、終末(死後)には地獄行きが確定している存在でしかない。

ところが、ここにバハイ教と言う新興宗教が出てきたのです。

場所はエジプト。エジプトの政府系日刊紙アルゴムホレイヤやカタールの衛星テレビ局アルジャジーラ、アラビア語テレビ局ドリームチャンネルなどが、断続的にバハイ教を批判する報道を行い、国民に警戒を呼び掛けている。なそうな。

バハーイー教
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
バハーイー教は、19世紀半ばにイランでバハーウッラーが創始した一神教である。イスラム教の十二イマーム派から分派したバーブ教から発展したものだが、イスラム教とは別の宗教であると考えられている。イランでは布教を禁止されているためイスラエルに本部を持ち、現在はアメリカ合衆国などの拠点を通じて世界中に広がっている。

なお、ペルシア語の発音に即して「バハーイー」と日本語表記されることが多いが、日本のバハーイー共同体は「バハイ」と呼んでおり、「バハイ教」「バハイ信教」とも表記される。

教義

バハーイー教は伝統的にアブラハムの宗教に含まれていないが、モーセ、イエス、ムハンマドらを預言者と認めており、これにバハーイー教自身の預言者を加える。彼らとゾロアスター、釈迦などの世界の大宗教の創始者は神の顕現であり、バハーイー教の創始者バハーウッラーはそれらの最も新しい時代に生まれたひとりであるとされる。

人類の平和と統一を究極の目標とし、真理の自己探求、男女平等、一夫一婦制、科学と宗教との調和、偏見の除去、教育の普及、国際補助語(はじめエスペラント後に英語) の採用、極端な貧富の差の排除、各国政府と法律の尊重(暴力革命の否定)、アルコールや麻薬の禁止などの教義、戒律を持つ。発祥地のイラン、中東に留まらない世界的な普遍宗教としての性格を有する。

バハーイー教には聖職者はおらず、各地のバハーイー共同体は「地方精神行政会」と呼ばれる、自由に選ばれた9メンバーの行政会によって管理される。同様に、「全国精神行政会」と呼ばれる9メンバーの行政会は、全国バハーイー共同体の事務を指示し調整する役目を負う。その上に万国正義院の世界全体を管轄する9メンバーの行政会がおかれる。これらのメンバーは、成人のバハーイー教徒の中から共同体に役立つことができる信徒を互選することになっている。なお、万国正義院、全国精神行政会、地方精神行政会への立候補など、選挙運動は禁じられている。

バハーイー教では、バハーウッラーの権威から連続した「聖約」(神との契約)を重視するため、バハーウッラーの後継者アブドゥル・バハーとその後継者および「万国正義院」と呼ばれる現在のバハーイー共同体最高機関の権威を否定する信徒は「聖約を破る人」としてバハーイー共同体から除名されることになっている。

事の発端はエジプト人のバハイ教徒がイスラム教徒と同様の諸権利を求め、パスポートの宗教欄にバハイ教徒と書けるよう、当局に申し出たこと。エジプト当局はそれを拒否し、裁判所も訴えを却下しました。

バハイ教とは、1844年にペルシャ(現在のイラン)に発祥し、独自の聖典、法、暦、祝祭日を持つ一神教です。信徒数は約600万人。わずか1世紀余りで、キリスト教に次いで世界で最も地理的に広まった世界宗教だと自負しているそうです。

彼らバハイ教では、仏陀やキリスト、モハメットら世界の主要な宗教の教祖は、同じ一なる神が、それぞれその時代と地域の発展段階にふさわしい教育をするために遣わした「聖なる教育者」だと教え、同教の教祖「バブ」と、その後継者「バハオラ」を、現代の聖なる教師と位置付けています。人権民族差別の撤廃や男女同権などを主張し、今後も新たな宗教的啓示が下されるとしています。

これはまた、イスラムからすれば「とんでもない邪教」が生まれた訳です。


スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。