スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年06月23日Thu [20:01] 徒然の話題  

横糸

私が日頃お手本にしているブログの一つに、「個人のHPが持つ寿命は数年だったが、ブログは早いもので数ヶ月から半年の寿命です」と書かれていました。この記事(エントリー)を読んで、私は暫く(数分間も!)考え込んでいました。確かに、思い当たる節も有るのです。それも他ならない、自分自身の事で。私も集中力が何時までも続かないと言うか、一つの事ないしは、一つの分野内ばかりで考え続けるのが苦手なのです。せいぜい、数ヶ月が限度です。しかし、その人のブログは長く続いています。そしてその人が言う「長く続けるコツ」も、私が自然に実践している事だったりします。

誰だって「これだけは書きたい!」と、それがブログの出発点になった問題意識か、他の人にも伝えたい事が有るでしょう。しかし、あまりそれに執着するのも問題なのです。たとえば書く事が仕事の人でも、書く事は仕事と割り切っているでしょう。その仕事が終わったら何か別の事をして、心のリフレッシュでもしているでしょう。毎回、毎回、今度は何を書いてやろうかと。毎日が、日がな一日、同じ事ばかりを考えている訳でもないでしょう。仕事は仕事で、遊びは遊びです。どちらも重要な事です。どちらにも偏らないのが良いのです。

これが新聞やテレビなどでの情報発信者と、ブログなどの情報発信者との差なのです。だからそれを忘れて没頭すると、冒頭に書かいた寿命の話になるのです。新聞やテレビなどの相手はプロで、私達のブロガー多くはアマなのです。世の中に自分の考えを発信する手段も違い、その志向性も当然違います。だから私は肩の力を抜いて、あれやこれと色んな事を書いているのです。今は別ブログからの修正移転が主ですが、そのうちには星座の話や神話の話に進むかも知れません。まずは自分が楽しめる事から、息の長い日記は書けそうな気がします。そうは思いませんか?。

           ※ ※ ※

新聞やテレビは縦線の情報で、それは私達に降り注ぐ雨のような存在です。それに対してブログは横線の情報です。縦線は世間一般の動きと比べ、それは当然ながら緩慢な動きしか出来ません。それとは違い横線は個人個人の個性のままになので、敏速な動きを見せる事も有ります。これらを糸に例えると、これら縦糸と横糸の両方が有ってこそ、始めてこの世の模様が精妙に織り出されるのです。

だけど、この横糸は如何にも脆い糸なのです。他者のコメントやTBによるブログの炎上は言うに及ばず、続けると言う。その事自体が、大きな試練となるから。だからこそ、やはり妙な型に嵌らない方が良いと思うのです。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。