スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月26日Tue [15:29] 自然の話題  

氷河期以降最も暑い

私のエントリー「体温39度の世界」でも多少触れましたが、地球の温暖化と、その環境への影響が書かれた報道が以下の「地球の温度、氷河期以降最も暑い…「別の惑星」の危機」になります。最近の100年間で9割消えたカナダ最北部の氷河流出もそうですが、海水域に氷河からの淡水が混じる事による温度ムラも影響大です。まさか映画『ディ・アフター・トゥモロー』でも有るまいし、いきなり地球に氷河期が襲ってくる訳でもありません。

問題は、気流の変化なのです。

海水域に温度変化がおこると、真っ先に植物が影響を受けるのです。これはアフリカ大陸の乾燥化が遠くエベレストの造山活動と密接に関係が有るように、大気の流れ道が変わってしまう事によります。予想では今後の1世紀で2度程度の気温上昇は織り込み済みですが、これにより南米の大密林地帯が消滅の危機になります。他の地域でも、多少以上に影響を受けるでしょう。

気温が2度以上も上昇(39度)し、酸素も薄くなった世界。

地球の温度、氷河期以降最も暑い…「別の惑星」の危機
(2006年9月26日11時59分 読売新聞)

米航空宇宙局(NASA)は25日、地球表面の温度はこの30年間、10年当たり0・2度の割合で急上昇しており、約1万2000年前に氷河期(氷期)が終わって以降、最も暑くなっていると発表した。

地球温暖化問題の火付け役となったNASAゴダード宇宙科学研究所(ニューヨーク)のJ・ハンセン博士らが、20世紀に世界各地で観測されたデータを分析した。温度上昇が最も激しかったのは北半球の高緯度地域で、研究グループは「雪や氷が解けて地表が露出すると、太陽光の吸収量が増えるため」と考えている。

あと2~3度上昇すると、海面が今より25メートルも高かった300万年前と同程度になるという。「私たちが知っている地球とは違う、別の惑星になってしまう」と、研究者らは生態系の激変を心配している。


歴史は繰り返し、またもや大淘汰の時代です。



スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。