スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月30日Sat [11:50] 日本の話題  

実名・匿名問題から

報道による実名か匿名かの問題は、随分と古くから語られています。なのに未だ統一見解の出ない、非常に微妙な問題です。ハッキリ言って実名・匿名問題も、時代のほうが先に、先にと進んでいる訳です。

仮想空間であるネットでは、実名か匿名かの問題は以前から有りました。書き手である発信者の正体ですとか、有名人(犯罪者含む)の素性などが。現実空間でも個人情報保護意識の高まりから、個人が情報を出さない傾向が強まっています。今回のマスコミ倫理懇全国大会ですら、そのような昨今の情勢に辻褄あわせしようと、苦心している様です。

実名・匿名問題など議論…マスコミ倫理懇全国大会
(2006年9月30日1時33分 読売新聞)

「問い直そう!メディアの価値と役割」をテーマに山形市で開かれていたマスコミ倫理懇談会全国協議会の第50回全国大会は、29日、全体会議が行われ、「言論・表現の自由を制限しようとする動きに反対する一方、自らの足元を見つめ直し、メディアとしての高い倫理観を目指す」との大会申し合わせを採択、2日間の日程を終えた。

報道分科会では、容疑者や被害者の実名・匿名問題や、メディアスクラム(集団的過熱取材)などが議論された。

◆容疑者、被害者の実名・匿名問題◆

山口県周南市の徳山工業高等専門学校の女子学生殺害事件で、自殺した容疑者の少年(当時19歳)を実名で報じるか各社の判断が分かれた点について討議された。

実名報道した読売新聞など3社の出席者は判断の理由として、〈1〉事件報道は実名が原則で、死亡によって更生・保護を目的とした少年法の規定を適用する意味が失われた〈2〉死刑を科すことができる18歳以上の年長少年〈3〉社会的反響の大きさ――などを挙げた。一方、匿名とした各社からは「少年に釈明の機会がなくなった」などの意見が出たが、複数の社では「社内でも議論があった」とし、微妙な判断だったことをうかがわせた。

被害者の実名問題についても、広島市の女児殺害事件などを例に、性的暴行があった場合の対応の難しさについて意見交換。「なぜ実名が大原則なのか、被害者を含む読者らに、理解を求めていく努力が必要」との見解が出された。


山口県周南市の事件では、私は実名報道が遅れたと感じています。結果論から言えば少年の逮捕(保護)が間に合わなかった事例ですが、事件の重大性と、容疑者の逃亡から、早期に公表すべきでした。少年であるからとか、まだ容疑者であったからなどでは遅いと。

更生・保護を目的とした少年法ですが、それには先ず身柄の確保が優先です。それが遅れるような現行基準では、今回のような自殺、または逃走を手助けするだけだと思うのです。つまり更生・保護を目的とした少年法が、実は少年の身柄の確保を忘れているのでは。という疑問です。

よって〈1〉〈2〉〈3〉共、何を言っているのかと、そんな感想しか抱けません。

◆メディアスクラム◆

秋田県藤里町の連続児童殺人事件では、多数の報道陣が詰めかけたことで、遺族や行政の報道自粛の要請を受け、各社が取材を自主規制せざるを得なくなった。時事通信秋田支局長らがその経緯を報告、「結果的に自分たちの行動で自分の首を絞める結果になってしまった」と述べ、メディアスクラムが、取材者側に大きなデメリットにもなる実態を指摘した。

また、読売新聞東京本社社会部長は「メディアスクラムによって我々の信頼が損なわれ、マスコミを規制しようという動きを招いてしまっている」とした上で、「報道の自由を守るためにも、過熱取材が予想される事件では、あらかじめ取材陣の数を絞り込む『事前規制』も課題だ」と提案した。


何か大きな問題が有ると、そこに群がる報道各社。しかも番組、番組毎に繰り返される現場からの声。報道とは生ものでしょうが、取材される側も生きています。これが物言わない台風なら、何度でも実況中継してれば良いのです。いいかげん、強風に歪んだ顔にも飽きましたが。。

軽薄短小な世の中を反映してか、上っ面だけを撫でるような報道は住民の邪魔です。欧米の一部報道のように深く抉るニュースなど期待していませんが、いいかげん風景写真(表面)しか取れない記者、報道社から脱却して欲しいですね。そうすれば自ずと専門領域が分かれてきて、取材陣の数も自然と落ち着いて来ますよ。「現場の声」重視と言いながら、実はアマチュアばかりが現状でしょう。カメラやマイクを持てば報道人じゃ無いでしょ、其処から真実と言える一面を抉り出してこその報道人でしょうが。

現場はプロフェッショナル、スタジオ・デスクはネクシャリスト(プロ達の情報を纏め、整理する役目)達の仕事ですよ。何も知識人ばかりが、情報の整理者でもないって事です。

◆匿名社会◆

山形放送報道部長が、昨年12月に山形県庄内町で発生したJR羽越線の脱線事故で、県が病院に「負傷者情報の公表は本人の了承を得てから」と求めるファクスを送り、それまで報道関係者向けに情報を提供していた病院もいったん提供をやめてしまった例を報告。報道で初めて肉親の死を知った遺族もいたといい、被害者情報の報道の重要性を訴えた。

読売新聞東京本社の社会部記者も、行政機関個人情報保護法が昨年4月に全面施行されて以降、省庁の人事異動時に、過去の所属部署の公表さえ本人同意を必要とするところも出てくるなど、透明性が後退している現状を報告。ある地方紙幹部は、「匿名化の流れは、小さな事故や火災の発表まで、すそ野が広がっている。新しいルールが作られる前に流れを阻止する必要がある」と述べた。


此方は私ら個人個人毎の問題も有って、ちょい難しい問題ですね。

世の中の「匿名化の流れ」なんて、その個人情報を悪用する人がいるから加速されている訳で。新潟地震の時も、NHK情報を悪用した悪い奴が多く問題になったでしょう。だから被害者、もしくは被害者に成り得る側にばかりに、問題を押し付けないで欲しいですね。

だから「流れを阻止する必要がある」のなら、個人情報の悪用者に対する罰則の強化が必要でしょ。

このほか、既存のマスメディアとネットの共存の可能性が討議され、ネット情報は膨大で有効だが、信頼性から既存メディアの優位は揺るがないとの意見が相次いだ。読者との関係構築には、ブログ(日記形式の簡易ホームページ)が有効との声もあった。


ここはもう、自慰でしかない。

ブログやSNSなどのネット環境は双方向が多く、このように自社の文章にまで寸評を入れられる。私が何時か『縦糸・横糸』で書いたように、ここは従来型の押し付けだけでは駄目な世界です。此処に何かの文章を上げたら、それに対するレスポンスも重要なのです。事実(史書・外国報道)かどうかに基ずく意見や批判に、答える知識と根気が必要になる。だから私も自分が答えられる範囲でしかアップしていないし、多くの個人ブログも同様でしょう。それが報道機関の発信ではね、膨大な知識が必要です。

私もブログを始めてから多くの炎上騒ぎを見てきましたが、朝日系列のブログに多いようです。国際法とかの法律関連から矛盾を指摘されたり、史書や資料から反論されたりと。今まで書きたい放題の環境に甘えてた彼らに、この様な重圧が耐えられるでしょうか。

私? 私も無理ですよ^^;

私が議論系MLに活発参加してた頃、公開MLで書いてはいけない幾つかの問題が話題になった事が有ります。朝鮮半島絡みと同和関連、宗教関連などです。史実や法律、ニュースから導き出した解と、現状が合致していなくても書かない方が良いと仰るのです。当時の世相(まだ拉致事件も知られていなかった時代です)からしても、よーく判りますがね、、私は隠す事なんか嫌だから無視してます。

報道機関の開設したブログなら、これらの問題にも直面しますね。

マスコミ倫理懇談会全国協議会は、これからのマスコミの倫理を懇談したそうですが、この倫理とは以下の意味を持ちます。そして、規範とは以下の意味です。

【倫理】
行動の規範としての道徳観や善悪の基準

【規範】
その社会で それに従うことが求められる行動などの型

私のように押し付け型では無くて、どうしても押し付け型になるだろう報道各社のブログ。実名や匿名の壁さえ超せない彼らに、双方向型のブログが書けるのでしょうか。疑問ですねえ。せいぜいが中央日報さんの掲示板のように、コメント欄は無視するのがオチでしょう。




スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。