スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月24日Tue [13:23] 日本の話題  

陰に籠もるな

最近は辛いニュースが多く、あまり書く気にもなりません。繰り返される日本の児童虐待に虐め、老老介護の問題などが浮き彫りにされた一ヶ月ですから。巷(民主党・マスコミ)が採り上げる以上に、これは最も取り組まなければならない格差問題の根本では無いかと思うのです。

差別だ格差だと言っても、本当は根っこから発生しています。子供は親や教師を選べず、老人も環境が選べていません。勿論、差別や格差を完全除去した世界は別面、とても残酷な世界です。生まれた瞬間から性別の差(其処には体力差もある)に美醜の問題、更には能力や適応力の差が厳然と出てくる。この様などうしようもない【差】だけで優劣が決まる、とても残酷な世界です。

しかし現実を目の当たりにしたとき、そこまでは至らないが、私達が苦労して創り上げてきた各種のシステムが正常な働きをしていない場面に直面します。京都の3歳児餓死では、何故、児童相談所が勝手な判断で子供を放置したのか。この問題も近隣住民からの再三にわたる通報が有りながら、所長の判断で保護が出来なかったのが痛い。密室でもある家庭での児童虐待問題には、児童相談所の「判断なし」の保護と調査が必要です。保護と身体測定でもすれば、児童虐待など明らかに分かる事でしょう。

老老介護問題だってそう。何の為に、私達は高い介護保険料を払っているんです?。私には現在、介護を要する身内などいません。過去にも貰っていないし、そんな私達のお金は何に使われているのか?。予算が足りないなら、ハッキリと言って欲しい。夫が妻に手をかける。その逆も然り。そんな介護政策からも弾かれるような格差なんて解消すべきだし、幾らでも分担しましょう。但し腐敗防止に、監査も強める様に運動(書いて)いきますが。

陰に籠もる体質は学校もそうで、虐めも治まりません。此方も数十年来の問題で、現場の教師達も慣れが出てきている問題です。この慣れが出るとは一番の厄介者で、私の仕事でも【真の問題】を発見する妨げにしか成っていません。その防止策の一環として社員の配置換えも有るのですが、それも怠ってきた教育界には外部の力なしで自浄する能力も無いでしょう。来年度から大量に定年退職を迎える団塊世代、彼らに入って貰うのも手かも知れません。5年位の期限付きで、校長より権限を持たせた生活指導担当として配置する。これ位の荒療治をしないと、まるで教師の意識も変わらないでしょう。

団塊世代問題の解消と、各種現場のリフレッシュに緊張感の醸成。これが無いと、どうにも日本の組織は陰に籠もる性質があるようです。多選(長期)は腐る、何処も彼処も。

京都3歳児餓死、姉の養育失敗で虐待エスカレート?
(2006年10月24日3時5分 読売新聞)

京都府長岡京市で佐々木拓夢(たくむ)ちゃん(3)が食事を与えられずに餓死した事件で、父親の貴正容疑者(28)の内縁の妻、西村知子容疑者(39)が、拓夢ちゃんの姉(6)が今年4月、府京都児童相談所に保護され施設に入所した際、「甘やかし過ぎた。弟には親の言うことを聞くように、しっかりしつけたい」と周囲に話していたことがわかった。

府警向日町署は、西村容疑者が姉の養育に失敗したと感じ、拓夢ちゃんへの「しつけ」にこだわるようになり、激しい虐待へとエスカレートしたとみている。

調べでは、姉は今年3月28日未明、パジャマ姿で戸外に閉め出されていたところを保護され、大阪府内の施設に預けられた。この際、姉は「お母さん(内妻)がご飯をくれない」と訴えたという。


この父親と義母も戦後日本の被害者であり、事件の加害者でもある。しかし幼い子供は食べる事(成長)すら仕事であり、それを与えなかったのは【限度を知らない】強迫観念で弁解しようがない。食事抜きが躾と勘違いする背景には、彼女自身の生い立ちが関連するのか、はたまた。。

両容疑者は9月に拓夢ちゃんが3歳になるのを機に「トイレのタイミングをちゃんと伝えられたら食事を与え、できなかったら食事を抜く、というルールを作った」と供述。西村容疑者は「3歳になってもおむつが取れないのはおかしい」と貴正容疑者に訴え、同21日から8日間、ほとんど食事を与えておらず、しつけを理由に食事を抜くことが常態化していたらしい。

昨年6月の1歳8か月健診で約11キロだった拓夢ちゃんの体重は死亡時には約7キロにまで減っていた。


子供の成長にも差は当然あって、私の2人の子供もそれぞれ違います。それを何か【こうあるべき】だという理屈に嵌ってしまい、根本的な問題を忘れてしまっています。

やだやだ。。

この年頃の子供は親に絶対服従と言っても良いくらいの段階で、彼(彼女)らも必死で努力はしている筈なんですよね。ただ、上手く出来ないだけ。それを分かって欲しい、けど結果的に児童虐待が続く。。

同じく、陰に籠もるな!!

あなた達の周囲は無人ですか?。問題家庭も介護現場も、そして教育現場も。これらの人達は自分達の都合の悪い時だけ他人に責任を押し付けて、普段は干渉して欲しく無いのでしょうね。それは身勝手、バカとしか言いようの無い。

拓夢ちゃん、そっちで神様にお腹いっぱい食べさせてもらってな。。。



スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。