スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月05日Wed [19:00] 日本の話題  

煙草談義

日本が脱煙草後進国かどうかは知りませんが、兎に角、最近は公の場所で煙草も吸いにくい環境にはなっています。稀に喫煙場所なる場所があっても、其処は『隔離された場所』丸出しで、とても肩身の狭い思いをします。

ある時は寒風吹き抜ける建屋の外であったり、ある時は窓1つない、灰皿だけが置いてある狭い部屋であるとか。これでは自然と、外での喫煙回数は減ります。随分と、私の喫煙本数も減ってきています。これではまるで、彼のCMの様では有りませんか。自然と本数を減らすことで、禁煙が図られる、と。この場合は個人(私)だけの事ですが、集団にも当てはまる筈です。その結果が、成人の喫煙率低下に繋がっています。

成人の喫煙率
たばこ男性の喫煙率は下がってきていますが、女性の喫煙率が上がっています。
1986(昭和61)年から実施している厚生省の国民栄養調査によると、男性の喫煙率は、1994(平成6)年までは減少傾向にありました。(1995年に急増。長期的に見ると減少傾向)。
一方、女性の喫煙率は特に20代の増加がいちじるしく、この10年あまりで倍増しています。
50、60歳代はほぼ横ばい、70歳以上は減少傾向にあります。

女性の喫煙率増加が多少は気になりますが、これはようやく男女の同権意識が悪発露した結果でしょうか。だけど、自然は区別します。くれぐれも妊娠中の喫煙だけは避けて欲しいと思いますし、できればそこで止めて欲しい。

私だって、ほんの少しずつですが、止めようとしているのですから。

話を戻して、

この様に、脱たばこ社会の実現には、本来は煙草を吸いにくい環境作りこそが大事だと思うのですが、私にすれば意味不明な話も出てくる。本当に、煙草の害は吸っている本人と周囲の、その健康被害だけでしょうか。

たばこ税の大幅引き上げ提言 日本学術会議
2008年03月05日09時25分 アサヒ・コム
日本学術会議は4日、脱たばこ社会の実現に向けた提言を公表した。たばこ税の大幅引き上げや公共の場所での喫煙の禁止を盛り込んだ。

現状の問題点として、たばこの箱の注意表示が不十分で、いたるところに自動販売機が設置されており、価格も極めて安いと指摘。欧州30カ国と規制を比べたところ、脱たばこ社会の最後進国だとした。

そのうえで、喫煙率削減の数値目標を設定、たばこ箱の警告文を簡潔で目立つようにする、税を大幅に上げて税収を確保したまま消費量を減少させる、などを提言した。


まあ自動販売機はカードの導入(タスポ・カード)で設置台数の減少を狙い、それは大手コンビニ業界を潤す策でもある、などと噂も聞きますね。だって、タスポ・カードを得るには何年間毎に、身分証明書のコピーを添えて申請書を出す必要があるなんて、誰でも面倒だと思うでしょう。それなら24時間営業で、何時でも対面販売の可能なコンビニに顧客が流れると考えるのも普通ですからね。よって、この煙草の自動販売機も勝手に絶対数が減るだろうから、暫く(数年間)は様子見、と。

まあ、煙草の自動販売機なんて無い方がマシと思いますよ。未成年者問題に環境問題などが若干解消されるでしょうし、防犯上もいい。

理解不能なのが、『税収を確保したまま消費量を減少』という表現なのです。

脱たばこ社会の実現に向けた提言ならば、懲罰的な税率でもよいと思うのです。それが現行の10倍、20倍の価格でも良い。そうなれば喫煙人口は激減し、『脱たばこ社会』実現にも役立つでしょうに。

しかし、そうは言わない。

あくまでも『税収を確保したまま』は、増税を言っているんだ、と。そう読める。

本当は脱たばこ社会なんか考えていなくて、増税の為の地ならしですか。こんな鎖国的発想ではデジタル放送のコピー回数制限みたく、世界に『あり得ない』基準の誕生です。これでは世界に拡がらない、独善的な自慰行為に過ぎませんよ。

ちなみに、私が小さかった頃、親父の吸ってた煙草の値段と、今、私が吸っている煙草の値段。そして両方の賃金水準などを比較すると、昔の煙草の価値は、1箱が数千円以上にも成るはずなのですが、そこまで値上げしても大丈夫と踏んでいるのでしょうか。

昔は煙草も、嗜好(贅沢)品だった訳ですね。




私なら、どうなんでしょう。1箱、幾らまで大丈夫かな?。

もうかなり減らしていますからね、幾らでも良いですよ。

本当に、『脱たばこ社会』を目指す気なら。

ただし、『税収を確保したまま』なんて言わないで欲しい。そして、日本がアメリカの禁酒法時代の様な、社会的な混乱を招いても責任を取ってくださいね。権威にモノを言わせた言いたい放題なら、所詮は増税の為の露払いでは、と言われますよ。




ミエミエだと。。。。




スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。