スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月08日Sat [01:21] 日本の話題  

代理出産問題

非常に難しいんですが、私は代理出産が営利目的でも良いような気がするのです。この営利目的が否定されちゃうと、国内では非常に関係の濃い親族内代理か、それとも非常に奇特な考えを持つ御婦人の存在か、はたまた、。。。

「代理出産」営利目的には刑罰を…学術会議が最終報告書
(2008年3月7日23時35分 読売新聞)
代理出産の是非を検討してきた日本学術会議の「生殖補助医療の在り方検討委員会」(委員長=鴨下重彦・東京大名誉教授)は7日、代理出産を「生殖補助医療法(仮称)」で禁止し、営利目的で代理出産を行った場合は依頼者を含めて刑罰の対象とすべきだとする最終報告書をまとめた。

過去にも法制化を求める厚生労働省の報告書が出されたことがあり、学界の総意といえる今回の報告書を受けた具体化への動きが、今後の焦点となる。

受精卵を第三者に託して出産を依頼する「代理出産」の実施については、依頼を受けた代理母や生まれた子供の身体的・精神的負担が大きいと判断し、外国で代理出産を行っている現状に歯止めをかけるため、新たな法律で禁止すべきだと決めた。

特に、金銭の授受などが絡む営利目的で代理出産が行われた場合は、依頼者と仲介者、医師の3者を刑罰の対象とした。出産を請け負った代理母は、「妊娠・出産を負担した被害者」などの理由で対象から外した。

一方、現時点では代理出産に関する医学的情報が不足しているため、公的機関の厳重な管理のもとで代理出産を試行することは、例外的に考慮されてよいと指摘した。産婦人科医や小児科医、法律家、心理カウンセラーなどで構成する機関が、〈1〉依頼する女性に子宮がない〈2〉代理母が他からの強制を受けていない――など、厳しい条件のもとで試行する場合に限る。試行で問題が出た場合には、その時点で全面禁止にする。

また、海外などで実施された場合の親子関係については、代理母を法的な母とするが、依頼夫婦と養子縁組することは認める。

この問題に関し舛添厚労相は同日、「立法府で早めに議論することが必要。各国会議員が、自分の哲学に基づいて、考えをまとめる時期にきている」と話し、法制化に向けた早期の国会での議論が必要との認識を示した。

同検討委は、法相と厚労相の要請を受け、代理出産の是非を中心に昨年1月から計17回にわたり審議を行ってきた。

私だって、なにも『金が全て』とは言いませんよ。

だけど、娘のためにと、高齢出産を考える母親。その肉体的負担は計り知れず、それを考えると二の足を踏むだろう夫婦。かと言っても少子化の現代では、出産経験済の姉妹の助けも考えにくい。と言うよりも、そんな家族の存在を想定するべきじゃない。

でもまあ、やはり難しいですね。

兎に角、この様な、他者の善意ばかりを書いた(取らぬ狸の皮算用)『だけ』な意見なんて破綻しやすい。どうしても、私は『そう考える人』なもんで。

これで海外での、代理出産が減るなんて考えられますか?。

自分達の子供が欲しい夫婦にとって、やはり国内での敷居が高ければ、どうしようもなく海外に流れるだけと思うのですが。これは、子供の臓器移植だって同じですからね。日本国内では実施されようが無く、出来る国へ行くしかない。

この報告書では現状の医療における環境の貧困さが、まるで改善された気がしないのは、私の気のせいでしょうか。


スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。