スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年08月21日Sun [21:25] 日本の話題  

新党「日本」結成

新党「日本」結成、小林興起前議員ら…代表に田中知事
(2005年8月21日20時59分 読売新聞)
 田中氏は記者会見で、小泉首相の掲げる郵政民営化について「郵政民営化で4分割された後、そのような(外資に売却される)ことは起きないのか。民営化の先を具体的に国民に示すのが政治の説明責任だ」と批判した。

何時までこのような、国民を嘲笑うかのような論を展開するのだろう。これは以前、国内の銀行が全て外資に喰われると言ってた、それの二番煎じではないか。

あまりにも、私ら一般の国民がバカにされている気がする。そんなに私達は何時までも物覚えが悪い、彼らにとっては衆愚なのでしょうか。これは私の、考えすぎでしょうか。
 国民新党との連携については「理念が一致する方々とは協力していく」と述べた。田中氏は衆院選には出馬せず、知事職にとどまる。

 小林氏ら前議員3人は、自民党執行部が擁立した対抗馬との戦いを強いられている。田中氏を代表とする新党への参加で、「改革」のイメージを強調するとともに、無所属候補の選挙運動上の不利益を免れる狙いがあると見られる。

結局は田中知事自身が傷つく事無く、しかし自身の勢力拡大には役立つ。これはライブドアの堀江社長が野球の後に競馬に手を出したのと同じ、後々如何様にも利用できるように布石を打っているだけです。

やはりね、もう少しは私らも存在感を示す必要が有ると思いますよ。そんな個人の知名度に影響されず、真に政治家としての力量を見る目が有ると。ね。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。