スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年09月11日Sun [13:01] 日本の話題  

投票始まる

まだまだ暑い日が続く毎日、しかも今にも降りだしそうな曇り空。じっとりと汗が流れ出て、身体中に張り付く今日の大阪です。私は雨が降り出す前にと、早目に近くの小学校で投票してきました。

そこでも今回の選挙が注目されていて、何時もとは人の多さが違います。狭い範囲の出来事ですが、この事実一つを取って見ても今回の選挙には意義が有ったのです。人は政治の空白を言ったりしますが、変に小泉総理が解散せずに妥協でもしてた方が余程、そちらの方が政治の空白です。

解散せずに信任を失い、妥協を繰り返す事が政治だと勘違いしているだけです。途中で展開された「IQの低い人には」とは、まさにそれらの人々向けだったのです。高尚な論を論じているだけでは、今が見えていないIQの低い人としか言えません。

郵政選挙は、これは実は改革選挙でも有ったのです。高尚な理屈ばかり並べて時間を空費していないで、まずは一つずつ改革していこうとの。だから与野党の論陣が以前と比べて逆さまになり、野党側の守旧派ぶりが曝け出されたのです。

「日本に確かな野党を」って、あまりに酷すぎるコピーに仰け反ります。これでは保身ばかり考えている地方組合と、一体どこが違うのでしょう。例え弱小であっても、自分達が日本の将来を決めるんだと言う意気込みすら無いのですね。これでは党に票を入れてくださる人々すら、はなから無視しています。

他の野党も大同小異であって、みんな保身の為に動いているようでした。岡田氏は年金問題で消費税の増額を言っていたのに、途中で変節。この増税問題だって、世の多くは必要悪と認める傾向に有ります。ただ不透明で無駄の多い現状を改革するのと同時に、この増税を実施して欲しいだけなのです。それが、岡田氏には見えていない。

戦後の日本は数々の問題を抱え、今やそれを真に改革しようとしているのが自民党では洒落にもなりません。改革の野党は既に守旧政党と化し、国民の為にと、その自分達が持つ利権を守ろうとしてるのですか。

そんなこんなの、今回の選挙戦感想でした。

衆院選、投票始まる
(2005年9月11日9時23分 読売新聞)
 第44回衆院選は11日午前7時、全国で投票が始まった。

 一部の投票所を除き、投票は午後8時で締め切られ、即日開票される。12日未明には大勢が判明する見通し。

 郵政民営化関連法案が参院で否決されたことを受けて衆院解散となった今回の選挙は、与党の自民、公明両党が過半数の241議席を確保し小泉政権が継続するのか、民主党中心の政権に交代するのか、政権選択が最大の争点だ。

 選挙戦では、自民、公明両党は郵政民営化を最大の争点に据え、小泉構造改革への支持を訴えた。民主党は年金改革や少子化対策などを軸に、政権交代の必要性を強調した。共産、社民両党は、「憲法改悪」反対などを主張した。

 郵政法案に反対した前衆院議員らが中心の国民新党や新党日本の戦いぶりも注目された。


スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。