スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年06月17日Fri [09:45] 自分の話題  

殻つきピーナッツ

ポリ、ポリ、ポリ・・・

この日曜日に、近くの公園で環境美化の催しが有りました。それからずーっと、私は殻つきのピーナッツを食べています。どうしてって?。私の息子が催し会場で、景品が殻つきピーナッツのゲームをしたからです。

皆さんも、こんなゲームを御存知かな?

たっぷり水の入った水槽にワイングラスとガラスコップ、そして小さなお猪口の三つが沈めて有ります。そこに、1円玉を投げ入れるゲームを。

溢れんがばかりに入れられた水は1円玉を弄び、中のコップやお猪口に1円玉を入れるのは難しいものです。2度のチャンス、2枚の1円玉くらいでは、とてもとても。

ユラリ、ユラユラ。1円玉は、水の中で気儘な動きをします。

とてもじゃないが、私には大きなワイングラスにさえ入れる自信が有りませんでした。実際に、私が見ている前でも幾人もの人が失敗しましたしね。水槽の中は、沢山の1円玉が山になっています。だけど、殻つきピーナッツは私の好物です。まあ1円玉が2枚共外れて入らなくても、小さな玩具のスコップで1杯分(参加賞)はピーナッツをいただけます。

うふふのふ。

40を過ぎてからは血糖値もレッドゾーンに近づき普段は我慢している私ですが、好きなものは好きですもん。良い口実ですもんね、環境美化のためだよーん!!って(笑)

そのゲームを待つ列に、私は並んでいました。

そこに現れたのが、前もって渡していた小遣いを使い切った、私の長男坊です。「それ、やらせて、やらせて!!」と、私の手から100円玉をひったくります。そしてその100円を1円玉2枚と交換し、いざゲームに向かいます。

そして狙うは1番難しい、小さなお猪口。
「おぃおぃ、それは無謀だよ」と、歳喰った私は思います。
水の中で勝手気ままに動く1円玉を考えると、それはあまりに無謀ですから。

1枚目、1円玉は見事に小さなお猪口に吸い込まれました。
「おぉ~!!」と、後ろに並んだ人たちの歓声。

2枚目、またもや1円玉は小さなお猪口にヒラリ、ヒラリと舞い降りました。
もはや、あっけにとられた後ろの人たち。私もです。

景品は、玩具のスコップ(大・中・小)のなかで、1番大きなスコップ2杯分のピーナッツ。その量は近くのスーパーで買い物をしたときに手渡される、大きなビニール袋1杯はある。。

かくして私は昨日も今日も、ポリ、ポリ、ポリ、、、
若さの可能性を忘れかけていた私に、ポリ、ポリ、ポリ、、

私のキーボード周辺は環境美化と無縁になったが、ポリ、ポリ、ポリ、、、
分かっているようで、でも何時しか忘れていた事を思い出して、ポリ、ポリ、ポリ、、、

まだまだ、ピーナッツは沢山あります。
もっと、もっと思い出せかよ。ポリ、ポリ、ポリ、ポリ、ポリ、ポリ、、、。。。。


*************************

これは2004年11月17日に書いてあった文章を、これから先も、私が忘れないようにとエントリーするものです。

忘れないつもりでいても、それでも忘れてしまう「挑戦する」という心。それを戒めるために、時折は読み返そうと。そーっと静かに、このブログに入れておきます。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。